ブログblog

京の夏の夜空を彩る風物詩

8月16日夏の夜空をいろどる京都五山送り火。

今年は、中々撮影許可が出されない大文字の撮影に行かせて頂きました。

銀閣寺門前で護摩木に、ご先祖供養・所願等記入されに来られる沢山の人々を撮影。

その後、登山準備をし、東山如意ヶ嶽を、1時間程掛けて登りました。

登頂後、『大』の中心地にある火床【金尾】(かなわ)で、保存会のみなさんが割り木・護摩木を火床に組上げる作業を撮影させて頂きました。火がおこりやすいように割り木に麦わらや松葉を加え崩れにくく火が長持ちするように組上げをされます。

天候は、雨の予報が出ていましたが、夜には天候も回復し、点火を待ちます。

点火開始 「南の流れ、よいか ~」  「北の流れ、よいか ~」 「一文字、よいか~」の会長の呼びかけに、各火床が応え、五山の先頭を切って大文字が点火。

全国が注目されている大文字の中での撮影をさせて頂き、貴重な経験を致しました。