動画データ変換

動画データ変換Data conversion

動画データ変換とは

虹映社では、制作した映像をひとつの使い方(活用)だけでなく、もっとお客様に有効に活用して欲しいという考えのもと、メディアの有効活用をご提案しています。
例えば、完成した映像を複数メディアに変換。
複数メディアに変換することによって活用用途も広がります。
また、映像にWEB、印刷とを絡ませた複合したメディア制作も行っており、制作素材の共有化等、メディアの有効活用をご提案しています。

ひとつの映像を各種メディアに変換

完成映像(マスター)を各メディアに出力

様々な用途に合わせて映像変換します。
営業(販売)用ツールや展示会・会社説明会やホームページ動画配信、HDDの保存用と使えます。

完成映像(マスター)を各メディアに出力することで生まれるメリット

制作コストの削減

ひとつの素材を各メディアごとに変換しておけば、素材を共有することができるのでコスト削減に繋がります。

イメージの統一化

全て同じ素材が使用できるので、バラバラにイメージを制作することもなく、統一化ができ、手間も掛かりません。

各メディアへの情報の発信

各メディアごとに変換しておけば情報発信の幅が広がるのでより効果的に映像を利用することができます。